風俗の男性求人は、風俗が好きだけじゃ続かないかもしれません。

夕焼け

子供の頃、「将来の夢はなにかな?」と、耳にタコができるくらい大人たちに何度も何度も聞かれ、作文に書かされた記憶、ありますよね。一昔前の大人というものは、なにかと子供に夢を語らせようとしたものです。まるでそれがない人生には、何の価値もないとでも思っているかのように。

そして何か答えなければならない子供は、「ケーキ屋さん」「お花屋さん」などと答えます。「ケーキ屋お花が好きだから」と。しかし、果たしてそれは正しい夢なのでしょうか。実は、「好きだから」という理由で仕事にするのは、少し危険かもしれません。

ケーキを「食べるのが好き」なのだとしたら、目指すべきはケーキ屋さんではなく「ケーキ専門のフードライター」などでしょう。その対象をどのように好きなのか、という段階まで考えてみる必要があるのです。

風俗の男性求人に応募する前に確認したいこと

さて、これは風俗の男性求人に関しても同じことが言えると思います。風俗が好きな男性は、非常に多いと思います。と言いますか、風俗が嫌いな男性なんてこの世に存在しているのか、と疑問に思うほど、みなさんお好きだと思います。

しかしこの場合、好きなのは「風俗で女性と気持ちの良いプレイをすること」だと思います。多くの場合、それが一般的な風俗好きの在り方でしょう。だとしたら、それだけの動機では風俗の男性求人の仕事内容とは合わないかもしれません。スタッフは、仕事中にプレイをするわけではありませんから。

むしろ、風俗が大好きという人よりも、「疲れた現代人に癒しを提供したい」といった考えを持っている人などが風俗の男性求人には合っているかもしれません。自分の気持ちを一度確かめてみたからでも、応募は遅くありませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です